マクロビオティックの宿 玄ノ里

■ご挨拶

「食」とは「人」を「良くする」と書きます。
そして誰が何と言おうと「人の体」は「食べたもの」からしか作られません。
髪の毛一本、爪の先一つとっても「食べたもの」からつくられています。
これはとても単純な理屈で、誰もが当たり前の事として認識していると思います。
でも・・・。
食事をとる時、あなたはそれを意識した事がありますか?
昔から「健全な精神は、健全な肉体に宿る」と伝えられてきました。
今、あなたの体は健全ですか?
あなたの心は晴々としていますか?
もし、そうでないとしたら・・・。
もしかするとその「根本原因」は身近にあるのかもしれません。
「食」とは「人」を「良くする」と書くのですから。

■マクロビオティックの宿 玄ノ里

「玄ノ里」とはマクロビオティックで「食養」をしながらのんびりと田舎暮らしを体験するお宿です。
お宿といっても立派な施設で上げ膳据え膳、至れり尽くせり、という今時のお宿とはちょっと違います。
「マクロビオティックの宿 玄ノ里」は「至らない 尽くさない」宿です。
今の世の中、何もかもがひたすら便利になっていくだけ。
水の大切さ。エネルギーは有限であるなど、言葉はよく耳にするけれど。
実際の日常の中でどれだけそれを意識しているのか・・・。

■玄ノ里の生活

「玄ノ里」では水は井戸と山の山の伏流水。
暖は薪ストーブと囲炉裏。
ご飯はかまど。
お風呂も薪。
トイレは自家製のバイオトイレ。
すべて大自然からいただいた材料で「生活」をしています。
「生活」とは生きるために活かすと書きます。
今の時代何を「活かす」のかが大事。
それを実感しながらの毎日です。

■玄ノ里のマクロビオティック

マクロビオティックの基本は「玄米をよく噛み、しっかり食べる」こと

◾人は食べたものからしかつくられないことを知る。
◾玄米をよく噛んで食べることの大切さを知る。
◾身土不二とは何かを知る。
◾一物全体とは何かを知る。
◾本来、人としての食物は何かを知る。
◾自分の適量、許容量を知る。
◾排毒症状と病の違いを知る。
◾生活の中で体を動かす事の重要性を知る。
◾自分で食するものは、自分でつくる「農」の重要性を知る。
◾精神と肉体は一体であることを知る。
◾大自然も、人も、動物も、植物も、農も、土も、食物も、基本はすべて同じであることを知る。
◾マクロビオティックとは、本来、理論で固めた特殊な分野ではなく、いにしえから日本人が日常生活の中で培ってきた知恵であり、大切な食文化であることを知る。
◾マクロビオティックとは食物の選別ではなく、人としての生き方である事を知る。

Copyright© 2014 玄ノ里 All Rights Reserved.

住所 営業時間
〒399-0811
長野県松本市中央4-1-1
TEL 0263-39-3393
平日 11:00~15:00
土・祝前日 11:00~21:00
日・祝 11:00~18:00